募金は喜んでしたいけれど…

引き続き、穏やかな一日を過ごせていますw
お金のことを考えると、やはり暗い気持ちにはなりますが、まだまだ捨てたものではない!と思える元気はあります。
普通に生活できているわけですからね…借金があると言えども。
いざとなったら人間は強いもの。
自分には今以上に稼げる能力も、お金の悩みをクリアできる強さもあると信じています。

さて、そんなことを思いながらテレビをつけると24時間テレビが…。
毎年募金していますし、今年もするつもりです。
たとえそれが小銭だろうと、誰かの役に立つならば…と思っています。
子どもたちにも、喜んで募金ができる人間になってほしいと思っています。

ただ…募金先や使途目的が不明なものはダメ!
よく駅に立っている、諸々の募金活動も信用できないですね…。
昔は赤い羽ぐらいだった気がするのですが、最近はなんだか色んな手で募金をしている方々が…。
盲導犬、東日本大震災で飼い主を失ったペット支援など。
すべて詐欺とは思いませんが、どうも疑わしく思えてなりません。

そして最近、24時間テレビにもそれを感じてしまいます。
昔って、どちらかというとユニセフ的な色合いが強かった気がするのですが、最近は国内の障がいがある方に色々とチャレンジさせるのがメインって感じですよね。
それはもちろんすごいと思いますし、感動もします。
でも、普通に生活することすら難しい国の状況をもっと伝えてほしいし、そこに募金をしたいと思うんです。

もしかしたら、今の24時間テレビもそういう特集をしてるのかもしれませんが…
なんだか色々な面(募金の使い途とか)がわかりづらいと思ったり。

ただのバラエティって感じで、年々嫌になっています。

今年は24時間テレビではなく、ユニセフに募金しようかな…。

こうやって募金することを思い出させてくれるので、放送する意味はある番組だとは思うのですが。

0コメント

  • 1000 / 1000