任意整理は全然怖くなかった

父の死後、わずかな不動産があったばっかりに、総額300万円以上もの借金を相続してしまった私。

父の死後に出てきた消費者金融の明細たち…

当時は正社員で働いていましたが、それでも一人暮らしだったので自分の生活で精いっぱい。
どうやって返していくのか…結構途方にくれました。


その後『任意整理』をしたのですが、すぐに「じゃぁ任意整理しよう!」とは思いませんでしたね。
それは“任意整理が嫌”なのではなく、ただの知識不足で。

また、任意整理=自己破産だというイメージがあったので、今後の生活を考えると踏み切れなかったという気持ちもあります。


それがなぜ、任意整理をすることになったのかというと、相続手続きをしてくださった司法書士の先生の助言です。

世間話のように「父が借金を遺しちゃったんですよね~」と何気なく言ったら、「それは大変!!」と先生の方が真剣になってくださり…。
そこで、任意整理=自己破産ではなく、むしろ過払い金の可能性があるので、お金が戻ってくるかも…と知りました。
要は“父が借金した当時は利息が高かったので、今の『利息制限法』で計算し直せば、払わなくていい金利を払っていたことになり、その分を請求できる”とのことでした。


司法書士でもその手続きは可能だけど、私の父の場合は借入先が3社・ショッピングの延滞が1社と多かったので、任意整理の経験が豊富な弁護士事務所の方がいい…ということで、そのような事務所をご紹介くださいました。

そうして、その事務所にお世話になることになりました。



任意整理ということで、どんな目で見られるかも怖かったですし、最初はかなり緊張というか、不安な気持ちで訪れたのですが、とても明るい雰囲気の事務所でした。

面談ブースがいくつもあり、普通のオフィスと同じ感じ。
対応してくださった受付の方も感じが良かったですし、実際に話を聞いてくださった弁護士の先生方も親身に、かつテキパキと事務的に進めてくださいました。

不安なことも聞いてくださり、逆に発生しうるリスクについても説明してくださったので、最初の面談だけでかなり安心できた記憶があります。

事務所に支払う手数料も、この時に目安を提示されたので、その点でも安心でした。


※事務所名は伏せておきますが、おそらくテレビCMなどで出てくる大手の事務所ならば、同じように安心できる対応をしてくださると思います。


その肝心の任意整理はというと、やはり先生方がおっしゃるとおり、消費者金融3社については過払い金が戻ってきました。
弁護士事務所に支払う手数料を除いても、50万円近く返ってきたと思います。

そしてもちろん、残金もゼロに。
これは本当に気持ちが楽になりました…!


ただ一つ、クレジットカードのショッピングの延滞でふくらんでしまった分は返済義務があるとのこと。
ショッピングに関しては法外な金利も設定されていなかったですし、ずっと支払っていなかったから延滞金がついたわけなので(50万円近くも!)、これは当然ですね…。


なので、この時点で私に残った借金は、そのショッピング分の返済と、葬儀の時に借りたキャッシングのみとなりました。

70~80万円ぐらいだったでしょうか…。
今思えば相当な金額でしたが、それでも最初の300万円に比べると、かなり余裕ができました。


本当に、この時に任意整理をしていなかったらどうなっていたのか…。
怖いです。

ショッピングに関しても、クレジットカード会社に電話したら、無理ない範囲での毎月の返済額を設定してくださいました。
電話だけでも相談に乗ってくださり、手続きをしてくださって、本当に感謝しています。


お金の問題はお金で解決できるので、悩みの中では良い方なんじゃないかと、私は思っています。

でも、お金の問題はお金だけでなく『人の力』によって解決できる部分も大きいんだな…とつくづく実感しました。

本当に、人に助けられて、今まで生かされてきたと思います。


また、自分もその分、人を助けることができたら…。

同じように悩んでいる方がいたら、少しでも楽になるように、参考にしてもらえるような記事を書いていきたいと思っています。


とにかく、任意整理はおすすめです!
相談だけでも気持ちが楽になるはずなので、臆さずに連絡してみてほしいですね。


0コメント

  • 1000 / 1000