妊娠・出産はお金の面でも思いがけないトラブルがある

結婚をし、無事に住宅ローンの審査にも通り、新居で穏やかに暮らしていた私。

正社員の共働きだったので、今思えばかなりの余裕がありました。
この時は住宅ローン以外の借金は無かったですしね。
自然に口座の残高が増えていった感じです。
(今までにはない感じですねw
この先また、この『自然に残高が増える』という生活ができるように!と目標にしています。)


でも、そんな生活も長くは続きませんでした。

それは、私が妊娠をし、しかも病気というトラブルを抱えていた(発覚した)ために、退職せざるをえなくなってしまったのです。
そのために、私の収入が途絶え、1人の収入で生活していくことに…。


でもこの時は、何よりも赤ちゃんの命が大切。
辞めることに後悔も無かったですし、お金には代えられませんでした。


あのまま仕事を続けていたら今の生活は楽だったんだろうな…と思ったりもしますが、それはそれで結局辛くなっていた気がします。
子どもが保育園の頃は働きやすかったけど、小学校に入ってからはフルで働くのは難しく感じるので…。

小学校に入ると仕事しづらくなる


その後のことはさておき、この妊娠期間はやっぱり結構辛かったですね。

その病気とは『子宮筋腫』だったのですが、その影響で早産になりかけてしまったり、筋腫が壊死してしまったために入院もしました。

その時の入院は大学病院の個室だったので(激痛で歩けなかったため、トイレ付の個室…)、1日に30,000円以上もかかりました。
部屋代だけで。

もちろん医療保険はおりましたが、加入していた医療保険は入院日額1万円のものだったので全然足りません。


なので、妊娠前に貯めたお金なんて、本当に一瞬で消えてしまう感じでしたね^^;
それでも命には代えられないので、仕方ないと思えましたが。


その後、無事に出産したのですが、帝王切開だったので、ここでも医療保険にかなり助けられました。
手術給付金だけで大きかったです。

出産時には保険組合から手当金ももらえますし、帝王切開ということで高額療養費制度も利用できたので、かなりプラスになった記憶があります。


でもやっぱり、医療保険には本当に入っておいて良かった…とつくづく思いましたね。
その医療保険も、今考えるとそれほど厚い保障ではなかったので他に入りなおしたのですが、それでも当時は充分でした。

加入した時は一人暮らしで貯金が無い時期だったし、病気になった時が不安という一心からでしたが、思わぬところで助けられた感じです。

他の保険に入りなおした時も、ちゃんと解約返戻金が出ましたしね。
掛け捨てだと思っていたのに、70万円ぐらいもらえたので、これもかなり助かりました。


そんな経験があるので、今の生活が多少苦しくても、私は保険を重視しています。
といっても、現在加入しているのは夫婦の医療保険(がんなどの特約付き)、夫婦の年金保険1つずつ、子どもたちの学資保険2つですが。

でもそれだけじゃ足りないので、投資信託やNISAで備えていきたいとも考えています。
来年からは『つみたてNISA』も始まりますしね。
それまでには、余裕ある生活に改善していかなければ…!

『NISA』でも『ジュニアNISA』でもなく、『つみたてNISA』にしようかと


0コメント

  • 1000 / 1000