お金は寂しがり屋らしい

よく、お金はお金のあるところに集まる、と言いますね。

それは単にチリも積もれば山となると言いますか、集まって金利がついて殖えるだけだろう…と思うのですが、その理由は「お金は寂しがり屋だから」と聞いたことがあります。

物を擬人化することはあまり好きではない私ですが、それでもお金になると話は別w
「なるほど!」と妙に納得してしまったものです。


でもそれが本当ならば、我が家のように給料日前には口座残高が数千円・数百円になってしまうところにお金が来てくれるわけもなく…。
まぁでも小銭も立派なお金。
それを仲間だと認識して、お札もやって来てほしいものです。


そう思うと、借金の返済だけではなく、口座にそれなりのお金を残しておくことも大切なのでしょうね…。
予期せぬ冠婚葬祭や医療費もあるわけですし。

どうしても“借金返済”に頭がいってしまいますが、返すあまりに緊急時のお金が無くなってしまってまた借りる…ということに陥らないようにしないと…。

要はバランスですね。
お金に関してだけではなく、世の中のこと何もかもバランスが大事だと思っています。


そして、お金が寂しがり屋かどうかは実際のところわかりませんが、お金に好かれるような生活も大切かなと。

これもちょっとスピリチュアル的な感じになってしまいますが^^;

正直、トイレや玄関の掃除で金運が呼び込めるかは疑問だったりしますが(心がけの面で良い運気を呼び込むとは思いますが)、財布の中を綺麗にする、お金を綺麗に扱う、お財布の居場所を決める…などは必須だと思い、実践しています。


特に、財布をバッグに入れっぱなしではなく、専用の場所に保管することで、お金を大事にする習慣がついた気がします。

その時に中を見て、レシートを取り出したり、新しいポイントカードを整理することも習慣になりました。


また、お財布自体を大事にすることも大切。

お財布を大事にしたいから、持ち歩かないという選択


お財布に限らず、物を大事にするということが一番の節約ですね。
長く使えるように、大切に扱うように、自分はもちろん子どもたちにもしっかり教えなきゃ…!



0コメント

  • 1000 / 1000