子どもの医療保険が必要だと思う理由

節約が必要な我が家ですが、それでも保険に関しては節約しすぎないようにしています。
見直して他の保険に入りなおすことは、もちろんしていますが。


その中でたまに思うのが、子どもの医療保険は必要なのかどうなのか、ということ。
自治体や親の収入にもよりますが、子どもの医療費はある程度の年齢まで無料になる(助成してくれる)ところが多いですよね。
私が住んでいる区は中学3年生までですが、22歳まで無料にしているところもあるようです。
22歳…もう大人なのでどうなんだろうと思いますがw、羨ましい限りです。


ともかく、子どもを病院に連れて行っても、医療費がかからないので、子どもの医療保険には入っていない…という声も聞きます。

それももっともですが、我が家では学資保険に医療保険をセットしています。


普段の通院で使うことはないでしょうが、入院ともなれば、助成してもらえない費用が多く発生しますからね…。
食事代、差額ベッド代など。
親が付き添いで泊まらなければならない場合、親のベッド代もかかります。


そう思うと、やっぱり子どもの医療保険は必要だと考えています。
健康優良児でも、ケガや事故で手術する可能性は大いにありますからね。
いつ入院してもおかしくないと思っています。
大人の私も、予期せぬケガで手術入院したし…w
階段のたった一段の段差で骨折という…。

子どもは大人以上にアクシデントが多いものですしね…。
しかも、そのケガの程度が激しかったり、病室の空き状況で個室にされることが無いとは言えません。
個室は1日いくらですから、1日1万円の部屋でも1泊すれば2万円かかってしまいます^^;


また、入院にはある程度の準備も必要です。
パジャマや洗面用具など。
家にあるもので済ませればいいですが、たとえばパジャマも前開きじゃなきゃいけなかったりと、タイプを指定されることもあります。

そのような準備品も、一つ一つは安いものにしても積もれば結構な額に。

そう思うとやっぱり、医療保険で備えておくに越したことないかな、と。
かけすぎは負担になるので、月2,000~3,000円程度の保険ですが。

保険に関しては、経済的にきつくても頑張って払っていきたいと思っています。

0コメント

  • 1000 / 1000