『全リボ』はそう悪いものではない

『クレジットカードの良い使い方』といったような記事を読むと、大体「一括払いが原則」「使った額だけ現金をよけておく」などが書いてありますよね。
と同時に「リボ払いは金利だけがふくらむので避けるように」とも。

確かに、一括が一番!リボは避けるべき!と私も思います。

でも悲しいことに、全リボで乗り切っている状況です…今は。


リボ払い(リボルビング払い)とは、月の支払額を一定にできる支払い方法です。
が、金利手数料がかかってしまいます。
クレジットカードの金利手数料は15%前後なので、かなり高いですよね。

しかもリボ払いは、支払いが長期化してしまうので、金利がどんどんふくらんでしまい、気をつけないと月の返済額のほとんどが金利という状況に陥りやすいものです。


そして『全リボ』とは、クレジットカードで使用したものをすべてリボ払いにしてくれるサービスです。

(クレジットカード会社によって呼び名は違いますが、一番わかりやすいので私はどこのカードであろうと『全リボ』と呼んでいます。)


リボ払いは上に書いたとおり、金利手数料が高いので、クレジットカード会社はかなり儲かるでしょう。

逆に、利用者にとっては、多額の金利を払い続けるというデメリットがあります。


それをふまえた上でも私は、全リボはそう悪いものではない!と思います。
いや、思いたいw

※推奨しているわけではありません。


言い訳かもしれませんが、今は未就学児がいるために、思うように働けない状況です。
正社員時代・派遣社員時代よりも収入はかなり減ってしまいました。

でも、住宅ローンもあるし、普段の生活費も…。
それを支払うために、キャッシングを繰り返してきました。

そんな状況なので、まずは一度、月の返済額を抑えたい!のです。
“返すために借りる”という悪循環を断ち切らないといけません。


そのために有効なのが『全リボ』です。
全リボではなく、新しくカードローンを契約して、一本化するという手もありますが…。
銀行系のカードローンなら安心ですしね。


でも、そこまでできないので(審査に落ちるのも怖いし、借りられる先が増えてしまうのも怖い)、とりあえず今、クレジットカードで使う分をリボ払いに変更・全リボに設定しています。


これから長期に渡って、多額の金利を払っていかなければいけないのか…と怖くもなりますが、リボ払いは銀行のATMで随時返済することができます。

また、月の支払い額を増額することも可能。

クレジットカード会社によって、その手続き方法や使えるATMが異なりますが、大体のカードではできます。

返済額も1万円からのところが多いようですが、中には1,000円単位で返せるカードも。

このような繰り上げ返済をしていけば、それほど長期化せず、返済していけると思います。
まだ完済していない…どころか、全リボを設定している状況なので、自信を持って言えませんが^^;
でも、完済に向けて頑張ろうと思っています!



ちなみに、私が使っているビューカードは銀行ATMだけではなく、JRの駅にある『ビューアルッテ』で1,000円から返済できます。
それならば通勤途中や、ちょっとした外出の時に返済できます。
出かけて、思ったよりもお金を使わなかった…という時ありますよね。
そんな時は使ったと思って、駅のATMで返済してしまうのが◎!!


イオンカードも1,000円単位で返済できます。
イオン銀行ATMならば、イオン系列のショッピングセンターやスーパーにもあるので、こちらも手軽に返済できそうです。


そしてセゾンカードはさらに返済しやすいです。
セゾンのATMで、1円から返済可能!
(UCカードの場合は1,000円から)
セゾンATMはあまり街中で見かけないかもしれませんが、利用手数料もかからないので探す価値あり!です。


どうせリボ払いを利用しなければいけないならば『返済しやすい』という点で、どのクレジットカードで支払うかを考えるのもいいですね。
上手に借りて、上手に返済!ならば、やっぱりリボ払いはそう悪いものではない、と思います。

0コメント

  • 1000 / 1000