ポイント狙いが裏目に出ていると気づいた…!

ポイント…今やほとんどのお店がポイントカードがあって、自分でもどこのポイントカードを持っているか把握できない始末です^^;
ポイントカードを入れるためのカードケースを買ってはみるものの、1つじゃ足りなかったり…。

こうなってくると、ポイントカードの存在はお得どころか邪魔だったりもして。

(その点、アプリでポイントを管理できるところはいいですね!
それを頻繁に利用するかどうかはまた別問題ですが…。)


ポイントカードはそのように物理的に邪魔だというのもありますが、精神的にもあまり良くない影響があるのでは?とだんだん思ってきました。

「どうせ買うならばポイントカードを持っているところで!」と思いがちですが、ポイントが付かないお店の方が価格が安いことが多い。

客にポイントで還元するのではなく、売価を下げることで還元してくれている…といったところでしょうか。

スーパーは特にその傾向があるな~と感じています。


と言いつつも、Tポイントが使えるスーパーに行ってしまいがちな私ですが、Tポイントは特定のお店だけではなく、色々なところで使えるから良いと思います。


楽天スーパーポイントも同様です。
マックやミスドなど、楽天スーパーポイントが使えるお店が増えたので、今まで以上に貯められるようになりました。
ポイントを貯めるためにわざわざ行くことはないですが、子どもたちと出かけた時はマックやミスドを利用する確率が高いですからね。
そんな時に楽天スーパーポイントを使えたり、貯められたりするのはやっぱり助かります。


ちなみに私はYahoo!JAPANカードも楽天カードも持っているので、そのカードの使用状況に応じてTポイント(Yahoo!JAPANカード)も楽天スーパーポイント(楽天カード)がどんどん貯まっていきます。
月に1,000ポイント以上は付与されるので、本当に馬鹿にならないですね。


極端な話、ポイントカードもクレジットカードも、もうその2つだけでいいんじゃないかとすら思っています。

Yahoo!JAPANカードも楽天カードも年会費無料なので、とりあえず保有してポイントだけもらうのもいいんじゃないかな…と。


でも、そのようにポイント狙いでクレジットカードを使うのは、ちょっと良くないと思ってきました。
上に書いた2つのカードのように、明らかにメリットがあったり、貯まったポイントが使いやすいのであれば良いと思うのですが。

たとえば、私が持っているDCカードやNICOSカード(どちらも一般的なカード)は、ポイントは商品と交換になります。
大体、商品券と交換しているのですが、商品券って案外使いづらいんですよね…。
端数は現金で払わないといけないし、おつりが出ないし。
「もっと安い物でいいけど、おつりが出ないから」…と高い物を買ってしまうなど、無駄遣いの一因になっている気がします。

あとは、「あと20ポイント貯めれば5,000円分の商品券と交換できる!」などという場合、使わなくてもいいようなシーンで、そのカードを使ってしまったり。


こう思うと、商品と交換するタイプのポイントプログラムは、あまりメリットが無いような。

私の場合、完全に裏目に出てしまっているな…っていうw



ポイント…上手に貯めて上手に使えるなら、メリットはかなり大きいんでしょうけどね。
まだ私はその域には達していないなぁ。

0コメント

  • 1000 / 1000