住居費が7万円増える…という悪夢を見た!

今日は児童手当の支給日。
気分良く朝を迎えられる、1年の中でも数少ない吉日!…のはずなのですがw、タイトルのとおり『住居費が7万円増えてしまう』という悪夢を見たので、なんとも寝覚めの悪い朝となってしまいました。


その悪夢とは、なぜか“今住んでいるマンション(購入・ローン返済中)があるのに、「住居費を安くしよう」という家族の要望により、ワンルームの賃貸を借りる”というワケのわからないもの。
そこでマンションを人に貸すというのであれば、かなりの住居費節減になりますが、どうやらそうでもない感じ。
本当にワケがわからないw
まぁ夢なんてそんなものですね。


ただ、いざとなったら賃貸に出して、賃貸収入を得ることはアリだと思っています。


でも、夢の中でも一家4人でワンルームで過ごすのはきつかったなぁw
しかも夢の中なのに私はちゃんと(?)計算していて「今のままじゃ住居費の節約どころか、7万円も増えている!人に貸すか、元のマンションに戻ろう」と強く訴えていましたw

それに対する家族の返事は「その7万円が増えても別に変わらないんじゃない?」とか何とか…。
やりくりで苦労するのは私なのに!と頭にきてしまいました。


全部夢の中の話ですがw

でもなんだか性格が出てしまったなぁ…という感じです。


うちの家族(というか旦那ですね)、あまりお金にうるさくありません。
うるさくないどころか、家計にも無頓着。
浪費は全くしませんが、旅行などには行きたがります。
多額の住宅ローンがある時点で、借金が多少増えようと構わないんじゃない?というように、楽観的だったりもします。
(楽観的、という言葉がふさわしいかは置いておいて…)


そんなところがありがたいと思う反面、ちょっと不満に感じる時があるのも事実。
もう家計管理に苦しむのは嫌なので、全部やってくれ!と思う時もあります。

今回の夢はその現れかなぁ。なんて。


先日は座敷童子の夢を見て、幸先いい!と思っていたのに~w

こっちの方を信じたいと思います^^w

0コメント

  • 1000 / 1000