故人だけど、やっぱり父親が嫌いだと思った

もう故人なので、今さら嫌いと言っても仕方ないのですが。

借金を相続させられて任意整理したことも、自営業をつぶして勝手に新しい住居を決めたことなど、思い出すと腹立たしいことはありますが、それでも過去のこととして寛容に思えることも増えてきました。

お金にルーズな父親だったので、私の借金のルーツにも大きく影響しています。

でも、そんなことよりも何よりも私が許せない…というか、悲しい…というか、がっかりするというか、軽蔑するような点は『家族への愛情が感じられない』ということ。
それは、生命保険に入っていなかったということからも明らかなのですが、私が小さい頃からそうだったようです。

それもわかりきっていたことですが、子どもに関しては、もっと可愛がっている人だと思っていました。
小さな頃の記憶の中では、父に可愛がられていたし。


でもやっぱり…というか、お金がかかることはあまりしてもらえませんでした。

私のアルバムには、お宮参りも初節句も七五三もありません。
初めての子どもなのに。

なので、お祝いの食事が家の食卓に並んだことは無く、外でお祝い膳をいただいたこともありません。


今、家計が苦しい中でも、自分の子どもたちの行事だけは…と思って、なんとかやっている我が家。
今年は七五三だし、前にも書いたとおり、それはお金にはかえられない価値があると思っています。

でも、私の父親はそうではなかった。
最近になって母親と話したところ、父親がすべて反対したから、私に関する行事は何もできなかったとのこと。

それでも良しとした母親もどうかと思いますが、お金を出すのは父親なので仕方なかったのでしょう。
どんな気持ちで今、孫の行事に参加しているのかと思うと、少し可哀想な気もするので、それはあまり責める気持ちはありませんが…。


でも、そうやって、子どもの頃から「成長を祝う」ような行事、ほとんどの親がしていることを何もしてもらえなかったのに、大人になった今、親に何かをしてやらなきゃいけないのか?(介護とか仕送りとか)と思うと非常に馬鹿らしくもなります。
子どもの頃の行事よりよっぽど金がかかるわけだし。
“金がかかる”という理由で何もしてもらえなかったのならば、こっちもその理由で拒否してもいいでしょう。


こうやって、親子の愛情ではなく、金が絡んだことで愛情が感じられない親子関係って、やっぱり不幸だなぁと。
自分が被害者面する気は無いのですが、客観的にそう思います。


子どもの時にどんなことをしてもらったか、親が自分のためにどれだけ頑張ってくれたかって、大きくなってから身に染みるもの。
それは逆も同じ。


やっぱり、そういう父親は嫌いだし、母親も同じ母としてどうかと思ってしまうので、たぶん一生このままでいくんだろうな…と思っています。
正直、墓の世話もしたくないですね…。


0コメント

  • 1000 / 1000