ママ友つき合いにもお金がかかる

まず初めに。
私自身、『ママ友』に助けられることも多く、本当~にありがたく、大切な存在だと思っています。
保育園時代よりも小学校に入ってからの方が、そう実感することが多くなりました。

ただ、面倒なことが多くなる…というのも事実なのでw、あまり深く関わらずにいるスタンスも良いと思います。
1人か2人話せる人がいれば、それで充分だったりもしますしね。

子ども会にしても学校にしても、仕事はできるだけ引き受けた方がいいとは思いますが。

役員関係のトラブルが一番多いものですしね…。

と言えども、専業主婦のお母さんにはかないませんし、協力できないことが多くて歯がゆいばかりです。
まずはできる範囲で、できることを積極的にしていけたら…と思っていますが。


それらのことをふまえると、園時代から『ママ友』との関係性も変わってきたように感じています。

今までは子ども同士で遊ばせるのも親同伴でしたしね、一緒に楽しいことをして、子育ての悩みなどを話して…という気楽なものでした。
特に、うちの子たちは保育園なので、幼稚園のように多くのお母さんと頻繁に顔を合わせたり、一緒に活動することもほとんど無かったし。
でも、役員関係や卒対ではモメたりもしたので、活動の機会がもっと多かったらどうなっていたんだろう…と恐ろしい限りです^^;


そして今も、平日の学校行事に参加しているのは、当然ほとんどが幼稚園出身の子のお母さんばかり。
私は仕事の時間に融通がきくので、ちょっとだけでも行っていますが、なんだか疎外感もあります…w
顔見知りや近所のお母さんも多いので、まったく孤独というわけでもないのですがw


でも、一緒にランチ!とか、そういう楽しい場には、誘われてもなかなか参加できていません泣
私自身が人づきあいを大事にしたいタイプなので、参加したいような気もしますし、でもやっぱり面倒なような気もするし…。

幼稚園だから保育園だから、というのはあまり区別したくありませんが、それでも幼稚園ママは優雅に見えますしね~。
ランチやお茶もやっぱり頻繁なようですし、習い事もバレエやピアノなど、お金のかかるものばかり!


そういうのを目の当たりにすると、やっぱりちょっと悲しくなってしまったりもしてww
働いている分、余裕があるはずなのになぁw


来年は(もう今年は諦めたw)、そういうおつきあいに惜しみなくお金を出せるように、経済的に潤いつつ、時間にも余裕があるという生活を目指して頑張ろう~。

0コメント

  • 1000 / 1000