保育の無償化も素直に嬉しい!けど、認可保育園の競争率がどうなるのか…

少し更新が空いてしまいました^^;
この間何をしていたかというと…ずばり『どうぶつの森ポケットキャンプ』ですw
もともとファンで待ちわびていたので、リリースと同時にさっそくダウンロード!
最初はなんだかイマイチかな?と思っていましたが、だんだん楽しくなってきたところです。

そんなわけで、ブログ更新も情報収集も小休止状態でした。

でもこのままだと廃人になってしまいそうなので、今日からぼちぼち元の生活に戻していきたいと思いますw

(ちゃんと仕事はしてましたけどね!)


さて、前回の記事で“私立高校の無償化”が嬉しいと書きましたが、さらに嬉しいニュースが!

それは“保育の無償化”。
3~5歳の認可保育園が無料、認可外も3.5万円(上限)助成の方向で調整しているとのこと。

実現は早くても2019年度からのようなので、当然それまでは払わなければいけませんがw、ちょうど2019年度から年長クラス(5歳)になる子どもがいるので、これは本当に助かります。
認可の保育園に通えているので。


でもそれも、このまま在籍できていれば…の話^^;
無償化は嬉しいけれど、心配性の私としては、認可保育園の競争率がどんどん上がるんじゃないか?という不安の方が強かったりもします。

私が住んでいる区は、産休だろうと育休だろうと求職中だろうと、退園を求められることはありません。
(求職中の場合は期限までに仕事を見つけないと退園になりますが)

でもそれも今だけの話…ですよね。


基本的に個人事業主として働いているので、退園させられることは無いと思ってはいますが、どうなるのか…。
それは何も2019年度だけの話ではなく、2018年度もそうなんですけど、更新のための書類を出すのが結構嫌といいますか^^;

こうやって毎年心配しなければいけないのも結構ストレスなんですよね^^;


やっぱり子どもを持ちながら働くのは厳しい…と感じてしまう理由の一つだったりもします。

0コメント

  • 1000 / 1000