親への援助、どういう形がベストなんだろう…

国民年金暮らしの母の口座残高が底をついたようで、生活保護を検討しているようです。
私には言いませんが、親戚にはそう言っていたらしい。

役所から子どもに連絡がくるのだから、まず言えよ!と思うけど、そういうところまで頭が回らない人なので、もう諦めています。


ただ、国民保護を受けられても、母の生活は楽にならないでしょう。
そもそものお金の使い方を見直さない限り、いくらあっても「お金が無い」と言い続けるはず。

炊事が面倒だからと惣菜やペットボトルを買う、雑事を他人にやらせて御礼のお金を渡す(貧乏なくせに)、タクシーのおつりをもらわない(小銭を管理するのが嫌だから)、など。

どの費目にいくらかかっているのか、どこが無駄なのか、見直したり節約したこともないでしょう。
ようやく今、そうなった感じです。


なので、本人にとっては良い薬だと思っていますし、そんなお金の使い方をする人に生活保護を支給させるのは一国民としてなんだか納得いかない気持ちもあります。


ただ、国民年金を満額もらっているし、山奥での持ち家なので、現金での支給は無いんじゃないかと思われます。
本人は結構もらえると勘違いしてそうで、それもまたゲンナリするところですが^^;

でも、医療費や葬祭費を助けてもらえるだけでも、本人にとっては大きな安心となるでしょう。
いたって健康な人ですし、そうなった時、実際は私が支払うことになるかもしれませんが。

とりあえず今を安心して暮らせるのであれば、生活保護をお願いしてみてもいいのではないかと思っています。
下りるかわかりませんけどね。


本当は、子どもである私が援助するのが一番なのでしょうが、我が家には小さな子どもが2人。
しかも母親らしいことはしてもらった記憶がほとんどありません。
子どもの頃からのお祝い事もですし、食事も適当、風呂無しの家に育ったのに銭湯には毎日連れて行ってもらえず。
歯みがきもしてもらえず、爪の中も真っ黒のままで、汚いといじめられていました。
歯も虫歯だらけで、治療していない歯は5本もありません。


小学生ぐらいまでの虫歯や身だしなみは母親のせいですよね。
それなのに歯の治療にいくらかかった、育てるのにこれだけ金がかかった等と言われ続けたので(これは父親にですが)、本当に頭にきます。

自分が母親になった今、同じ親として軽蔑するし、親として当たり前の育児ができなかったということで発達障害なんじゃないか?と疑ったりもします。

よくそれで「子どもを育てた」と言えるな、と。
「愛情がある」と口では言っていますが。


そんな感じの人なので、別々に住むようになってからは、よほどのことが無い限り、会うことはありませんでした。
大学に行っていないので、学費等で負担をかけてもいません。
ずっと公立だったので。
(それでも私を育てるのに1千万もかかったと文句を言っていたバカな親です)


それらを思い返すだけで、とてもじゃないけどお金を援助する気持ちにはなれません。
国にお世話をかけるのは申し訳ないと思っていても。


ものすごいお金持ちならば、多少の援助はしてもいい気はしますが、そうではないですしね。
今のように、帰省の際に食事をごちそうする、こっちに来る時に交通費を負担してあげる程度が精いっぱいです。


また、もし生活保護を受けるのであれば、中途半端に私が手を出すのも良くないのでしょうし。

でも放っておくこともできず、どういう形の援助がベストなのか、悩むところです。


0コメント

  • 1000 / 1000