共倒れにならない強さを持つ

母の現在の暮らしぶりや、今まで金銭管理をしてこなかったこと、蓄えてこなかったことなど、本当に情けなく、自業自得だと思ってしまう冷たい私ですが、それでもやっぱり助けてあげたくなる時もあります。
人間として。


でもその気持ちは、なるべく抑えるように…と思っています。

今の生活で親に援助しては、共倒れになってしまう。
自分の家族を守るために、共倒れにならない強さを持つべきです。


それに、定期的じゃなくても変に助けてしまうと、生活保護の申請時に不利になるんじゃないか?と思ったり。

なので、しばらくの間は何もせずにいようと思っています。


国民年金だけで生活が苦しいのは想像できますが、何も食べれないわけではない。
家も電気も水もある。
私が昔1人暮らししていた時だって、家賃を抜いたら6万円程度しかお金が無いこともありました。
それでもやりくりしてなんとかやってきました。


母には、今までそのような努力をしてこなかった分、ここで考えて、お金を上手に使ってほしいとも思います。


冷たいのかもしれませんが、共倒れにならないように、その強さは持ち続けたいです。
子どもたちを守るためにも、負の連鎖はここで断ち切らないと。

0コメント

  • 1000 / 1000