会計ソフトを『弥生の青色申告オンライン』から製品版に戻そうと思う

個人事業主となり、約8年。
会計ソフトはずっと弥生の青色申告を使っています。
どのソフトを買おうかと検討しまくったところ、弥生が一番使いやすそうで、わかりやすかったんですよね。
口コミもいいし。

簿記2級を持っているので、それなりに会計の知識はあるのですが、ずっと経理の仕事をしていたわけではありませんでした。
仕訳をするのも久しぶりだし、借方も貸方もどっちがどっちだか忘れかけている始末w


そんな私でも、弥生の青色申告ソフトは使いやすく、すぐに勘を取り戻してくれました。


何よりも『弥生』というネームバリューがあるし、サポートもしっかりしている。
実際には操作に迷うことなども無かったので、利用したことはありませんが。


そんなわけで、もうずっと弥生の青色申告ソフトを使い続けているのですが、昨年はふと思うところがあり、オンライン版を試してみました。
初年度は無料だったので~!
(白色申告版ならば、ずーっと無料!!)

オンライン版の何が良いかって、どこにいても入力できること。
スマホアプリもあり、そこからも入力できます。

なので、外出が多い方や、複数の職場で勤務する方には、かなりおすすめです!
入力を忘れると、あとでチェックするのがより面倒ですしね…^^;


私も予定では、昨年はもっと外で仕事をするつもりでした。
小型のノートパソコンを買って、それでカフェで優雅に仕事…とかw

でも、実際はほとんど家にいましたね…。
外勤の仕事もありますが、それも一ヶ所だし。

なので、オンライン版である必要は無かったかな~と。

すっごく使いやすいんですけどね。


でも、今年は製品版を購入しようかと思っています。
製品版はベーシックプランで12,960円。
高い気はしますが、次期のバージョンアップも無償だし、電話サポートなども付いています。


一方、オンライン版は年額で、セルフプランが8,640円、ベーシックプランが12,960円。
こちらもサポート体制はばっちりです。


どちらを選ぶかは本当に、自分の使い方によりますね~。
私も一度、製品版に戻す予定ですが、また来年はオンラインを…と思うかもしれません。

パソコンが壊れてしまう可能性もありますしね^^;
やっぱりクラウドの方が安心です。

0コメント

  • 1000 / 1000