実家の墓守に悩むとともに、自分たちの墓も考え始めた最近…

以前からたまに書いていますが、東京で生活できなくなり、田舎に引っ込んでしまった私の両親。
父が亡くなり、今は母が一人で暮らしています。

ただ、もともと母の故郷なので、親戚が多く、暮らしやすいようですが。

そして、昔からその土地に墓を買っていたよう。
前は「墓があるから安心」と思っていましたが、今となってはそれもちょっと考え無しというか、どうなんだろうな…と親に対して黒い感情がふつふつと湧いてきます^^;

自分たちがいなくなった後の管理とか、子どものことをまったく考えてないな、って。
私はもともと東京で生まれ育ったし、今は家も買って子どもも2人います。
このまま東京で一生を終えることになるでしょう。

なので正直、そんな田舎に墓を持たれても、管理が困るのです。
冷たいようですが。

しかも、ちゃんと綺麗に整えてあるのならばいいですが、ただの土に墓石を置いた程度なので(金が無く)、草も生えてくるし…。
お布施などが高いと噂されているお寺にある墓地なので、それを私が払い続けなければいけないでしょう。
私は一人っ子なので。


そのようなことを色々と思うとなんだかな…と思うわけです。
つくづく、自分たちのことしか考えていない親なんだな、と。
同じ親として、どうなんだろうと思うことばかりです。

それでも「自分たちの墓を用意した」と思ってあげるしかないのかもしれませんが…。
(同じ値段で、もっと墓周りを綺麗に整えられたのに、人任せで墓石を頼んでぼったくられたようなので、それは頭にきますが…)


その悩み(怒り?)はありますが、まずは自分たちが子どもにそんな思いをさせないようにしなければいけません。

昔ながらの墓を買ってしまうと墓守が大変だろうから、永代供養をしてくれるような合同のお墓や、ロッカータイプの納骨堂などもいいのかな…と思っています。

子どもたちに費用はもちろん、参拝の負担などもないように…。

少し寂しいような気もしますが、それが一番のスタイルな気がします。

0コメント

  • 1000 / 1000