やっぱりどんなに赤字でも「安全」にはお金をかけたい

子どもが小さい我が家。
小学生が犠牲になった事件が起きるたび、他人事には思えず、とても怖くなります。
(それでも子どもを1人で放置している親御さんは、どういう心理なんだろうか?と思うとさらに怖くなる…)

とにかく我が家は、学童にもお迎え行きますし、学童が無い日=私の仕事が無い日はなるべく家の近くに出て、帰りを待っています。
うちの子は1人で帰ってくることは無いので(同じマンションの子がたくさんいる)、その私の姿を過保護に感じる方もいると思うのですが…。
でも何かあってからでは遅いので、小学生の間はなるべく今のまま、子どもの帰りを迎えたいと思っています。


前にも書きましたが、ほんのちょっとの手間をかけることや、多少高価でもお金をかけることで子どもの安全が得られるならばがんばりたいところです。



この記事を書いた時は、習い事のためにスマホを持たせた直後だったんですよね。
とりあえずキッズケータイではなく、格安スマホにしました。
LINEだけできればいいので、通話SMSは契約していません。
変なところから電話がきて、子どもが出ちゃっても困るし…。


その後、そのスマホにはGPSアプリを入れました。
でも…学校には持ち込み禁止なので、下校中は意味なし(苦笑)。
学校側の言い分もわかりますが、そろそろ危機管理の面を考慮して、認めてくれてもいいんじゃないかなぁ…と思うのですが。


GPSだけじゃ足りないですけどね。
いくらGPS端末を持たせても、突然連れ去られて、犯人に取り上げられたら終わりです。

そうなるとやっぱり、人間のチカラで防ぐしかないですね…。

セコムの見守りGPSなんかは、警備員が駆け付けてくれるので良いと思うのですが、いざという時に子どもがボタンを押せるかな!?と思うと、少し躊躇…。
でも、そういうものも積極的に考えていきたいです。

スマホ代が安くなった分、こういうところにお金をかけていきたいですね。

0コメント

  • 1000 / 1000