借金ブログを読んでいて痛感すること…家族には絶対に打ち明けるべき!!

こんなブログを書いていることからもおわかりのように、私にも借金があります。
ただ幸いなことに、「私の借金」というより「我が家の借金」です。
私名義で借りているものもありますが、ほとんどが主人の名義で借りています。
生活費の補填にしても何にしても。
住宅ローンと複数のキャッシングリボ・ショッピングリボを合わせると、約3,700万円ぐらい。
それでも最初に借りた住宅ローンからは1,000万円ぐらい返済できているので、それを励みに乗り切っています。


他の方が書いている借金ブログをよく拝見していますが、それに比べると額が大きいと思います。
それはもちろん住宅ローンを入れて計算しているから…ですが、住宅ローンも家賃も支払いが無いけど(親と同居や相続した等で)借金があるという方に比べると、やっぱり我が家の経済状況は厳しいはず。

それぞれの事情がありますし、比べるものではないんですけどね。


でもそんな中でも比較的穏やかに過ごしていられるのは、「そもそもの借金の原因が家族で使ったもの(子どものお祝い事や旅行など)」であるということ。
そして、借金のことを家族で共有できているから…なんだと思います。


一時期は私も借金のことをきちんと話せませんでした。
私個人で使ったものも多少はありましたし(学費とか事業資金とか)、借金をする=家計管理ができない=主婦失格っていう気持ちもあったので。

なので、私個人のクレジットカードでキャッシングをして生活費に充てることもありました。
でもそれって変だな~と思いました。

そこで家族で話し、主人名義で銀行カードローンを契約してもらい、それでクレジットカードでのキャッシングリボのほとんどを返済しました。
ぜんぜん金利が違うし、支払いをまとめられたことで月の支払い額がぜんぜん違う!!
ショッピングリボも残っていますが、金利がそれほど高くないものばかりなので、これは地道につぶしていこうと考えています。


それで改めて思ったのは「1人で抱え込んでいなくて良かった…」ということ。
派遣社員で1人暮らししていた時も借金があったのですが、その時は本当に辛かった。
額は20~30万円ぐらいでも収入が少なかったし、何よりも「先が見えない不安」というものがありました。
自分が倒れたら収入も無くなるし、家賃も払えない。
保険も最低限しか入っていなかったし。

それに比べたら今は借金額がケタハズレではありますが、「1人で頑張らなくていい」という安心感があります。

でも…色んな借金ブログを読んでいると、旦那さんや奥さんに内緒で借金されている方が本当多いですよね…。
その心境を想像すると、どれだけ辛いのか…はかり知れません。

借金の原因・理由にもよりますが、やっぱり家族に打ち明けるのが解決への第一歩なんじゃないかな…と思います。


うちの父親、死後に300万円超えの借金が発覚し、しかも無保険だったということで、かなり迷惑をかけられました。
土地があったために相続せざるをえなかったので(今思えばゴミみたいな土地なので放棄すればよかった)借金もすべて私が相続し、任意整理をしました。

死後10年以上経った今でも、思い返しても腹が立ちます。
正直、死を悲しむこともありません。

生きている間に借金額や家計状態を家族に打ち明けてくれていれば(母親がまったく家計にノータッチというか、何もできない人なので家計も把握していなかったという…苦笑)家族で返済することもできたし。
生きている間に整理してくれれば、残された家族が苦しまなかったのに。

家族のことをまったく愛していなかった人なんだと軽蔑しています。



借金を打ち明けられないという気持ちもわかりますが、やっぱり家族に打ち明けた方が本人も楽になると思うし、周りにとってもいいのにな…と痛感します。

それぞれの事情があるのはわかりますが…。




0コメント

  • 1000 / 1000